<スポンサーリンク>

今を戦えない者に、次や未来を語る資格はない

自分が感じた日々の出来事に関する思いを、振り返りながら語ります

【スポンサーリンク】

松屋におけるお代わりの上限回数に関する考察

昔のmixi日記を回顧してみるシリーズ その⑫

私が通っていた大学近辺の松屋では、

定食のお代わり無料という、貧乏学生が喜ぶキャンペーンをやっていました。

 

昔は、私も遠慮がちで、お代わりっていったのにお代わりが出てこなかったことに

文句を言えない学生でした。

 

今は周りから、結構なクレーマーと言われていますが、

たくさん運動してもあまり体重が減らないようになって

基礎代謝を失う代わりに図太さを身に着けたのでしょうか。

 

嗚呼、こうして大人(おっさん)になっていくのでしょうかね。

 

 

2006/9/25

昨日は、遅くまでメディアで勉強したり動物大百科(哺乳類編)を読んだりしていたので、友人と久々に松屋に行って来ました。 


店舗によるらしいですが、日吉の松屋は定食のご飯のおかわりが無料なのでもちろん定食を注文しました。 


まず一杯目を完食し、おかわりをたのむと快く応じてくれました。まあ、当然ですね。 


で二杯目を完食し、三杯目のおかわりをしました。 
店員は快く茶碗を受け取ってくれました。 







しかし、 






..................................。 






遅い。 






...................................。 








まだか..............................。 




そのあと、違う客がおかわりをすると、すぐ白飯がでていました。 





その後、二度といや三度と僕の茶碗にご飯が盛られることはありませんでした。 




で仕方なく、僕は味の濃ゆい濃ゆいチキングリルを白飯なしで 
食べました。 



これは、おかわりは二杯までという暗黙のルールなのでしょうか? 
それとも店員のミスでしょうか? 


もし後者ならば、損害賠償もんですね。 



帰宅すると、おかげで体重が五十三キロ台、体脂肪率は5%台でした。ちなみに基礎代謝量は中学生レベルです。