<スポンサーリンク>

今を戦えない者に、次や未来を語る資格はない

自分が感じた日々の出来事に関する思いを、振り返りながら語ります

【スポンサーリンク】

高雄の旅一日目~その①

高雄到着

少し日が経ってしまいましたが、

高雄の旅を振り返ります。

 

まず、関空→高雄の直通便に乗りましたが、

台湾人9割日本人1割といった比率、

当然、台湾人に間違われながら手荷物検査を受けました。

その際、無作為に選ばれるボディチェックを受けたのですが、

のど飴の袋一つがズボンのポケットに入っていたことを指摘されました・・・。

 

 

その後、無事、高雄へ到着、空港のサービスカウンターでiTaiwanというFreeWifiサービスの登録をしておくと便利です。

 

美麗島で昼食を

今回滞在したホテルのある駅はMRT(台湾の地下鉄)のオレンジライン、レッドラインの連絡駅である美麗島駅です。

駅の改札前の有名なスポットです。みんな写真を撮っていたので私も撮りました。

f:id:ktr_dl_1:20170828225754j:plain

13時半くらいに空港に着いたのですが、朝食を取っていなかったので、

台湾一食目は近所のお店で食べました。

 

よく言えば、テラス席、悪く言えば半分外の簡素なお店でした。

店員だと思って必死で頼みたいメニューを伝えていた人が

実は自分と同じお客さんでしたが、

笑いながらも店員さんに料理をオーダーしてくれました。

寛容な国、さすが台湾です。

いただいたのは、蒸し鶏入りの茹で麺です。

値段はこれで170円くらい。

味はまぁ美味しいレベルでしたが、日本時間15時くらいのその日の一食目でしたので、

美味しくいただけました。

謎の調味料を勧められましたが怖かったので、使用せず、おかげで味は少し薄めでした。

f:id:ktr_dl_1:20170828225918j:plain

 

ホテルへ

 

とりあえず、ホテルにチェックイン、

高雄の有名な夜市のすぐ裏の好立地に加えて

フロントのおばちゃんは日本語可、と良いホテルでした。

しかも、部屋はプレジデントスイート(一泊5,000円くらい)とめちゃ広かったです。

無駄にベッドルームとソファのある部屋の2部屋ありましたが、

ソファに座ることは一度もなかったです。

 

唯一の欠点は朝食が口に合わなかったこと、バイキングを一口ずつ食べてみましたが、

好き嫌いの少ない僕が全残し、しかも大好物のフルーツのスイカですら不味かったです・・・

f:id:ktr_dl_1:20170828230529j:plain

f:id:ktr_dl_1:20170828230511j:plain

その②に続きます。